パンチングメタル専門 株式会社ウチヌキ

お問合わせはこちらへ 0467-77-1321

HOME > メタルプリント(UMP)

製品案内

UMP(Uchinuki Metal Print)

UMPの特長

孔があいていても、
穴があいていなくても可能

UMPはメクラ板はもちろん、パンチング加工した多孔板にも転写が可能、多孔板上にフルカラーレベルの表現を初めて実現しました。


環境にやさしい

UMPの昇華熱転写工程では、塩化ビニルなど燃焼時に有害物質を発生させる素材は一切使用していません。UMP専用のプレコート金属板も通常のスクラップ処理が可能です。また、昇華熱転写工程では有機溶剤を使用 しておりません。使う人、作る人、環境を考慮しています。

優れたマテリアル

UMP専用金属板は、専用に開発された特許製品であり、完全耐水性と屋外耐候性を合わせもち、加工性にも優れています。豊富なマテリアルの中から用途や目的に応じて、広範なニーズに対応できます。

高精細な表現

6色の昇華性染料により、微妙な階調を表現。また、染料を使用しますので各マテリアルの質感を生かした美しい仕上りが得られます。カラーマッチングについても、UMP専用のカラーカーブにより写真やイラスト等のフルカラー 原稿を忠実に表現いたします。

オンデマンドに対応

デジタル出力により製版工程を必要としませんので短納期、小ロット・多品種のニーズに対応できます。UMP専用マテリアルごとに作業工程が変化する事がなく、シンプルなので品質及び納期管理が容易です。

低コスト

UMPはランニングコストもリーズナブルなシステムです。優れたコストパフォーマンスを実現します。

ラージフォーマットプリントに対応

最大サイズは約1500mm×3000mmのビッグサイズプリントです。また、分割出力により多彩なサイズに対応できます。

昇華熱転写とは

昇華熱転写とは、分散染料が有する昇華染色性を利用した一種の気相染色法です。まず分散染料から作ったインクを使って紙に模様を印刷し転写紙を作成します。続いて耐熱性合成樹脂(例えばポリエステルコートなど)をコートした 転写する金属素材を転写紙と重ね合わせて150〜200℃で1〜8分間、熱処理する事によって転写が完了します。有機溶剤廃液等の産業廃棄物が発生せず、かつ空気も水も汚さない環境にやさしい印刷方法です。

(例)ホワイトアルミ

UMP昇華熱転写製作工程

UMP昇華熱転写の製作工程は、製版不要の「オンデマンド出力」と「転写作業」のシンプル方式。マテリアルごとに工程が変わることはありませんし、ラミネートなどの加工をする手間もありません。短納期、小ロット・多品種のニーズにも対応できます。
また、耐候メタル、加工メタルなどのUMP素材は表面の保護シートを「貼ったまま」転写できます。保護シートをはがさずに断裁・転写・加工できるので、作業の手間がかからないだけでなく、製品の養生としてもご利用いただけます。

1.データ作成及びRIP処理  
1.データ作成及びRIP処理

通常のDTP作業の様にPCを使用して画像を入力、補正してデータを作成

 
2.転写紙の出力
2.転写紙の出力

インクジェットプリンタ(ピエゾ型)+昇華染料インクで(1)のデータを専用紙に出力

 
3.ヒートプレス
3.ヒートプレス

出力した転写紙とUMPマテリアルを重ね、ヒートプレスすれば完成

 
4.昇華熱転写完了  
4.昇華熱転写完了

※商標登録・著作権等で保護されているキャラクターデザインや写真などは権利者の許諾なく製品化できません。本製品に関して同権利侵害により損害が生じた場合は発注者の責任となります。

pagetop