編目・カゴ目パンチング

用 途

外装・内装分野

特 徴

抜き加工のパンチングに凹凸加工を同時に施すことにより、編んだように見えます。
また普通のパンチングに比べ凹凸加工により強度も増しています。
アルミ素材+塗装処理が最適ですが、他材質・アルマイト加工なども仕様により対応可能です。
また他の孔径仕様・ピッチなども当社金型製作により対応可能です。

  • 7.0カク×16P(90°)編目

    孔径:7.0カク

    ピッチ:16P

    開孔率: 90°%

  • 11.0カク×27P(45°)編目

    孔径:11.0カク

    ピッチ:27P

    開孔率: 45°%

  • 25.6カク×55.6P(90°)編目

    孔径:25.6カク

    ピッチ:55.6P

    開孔率: 90°%

  • 35.0カク×75P(90°)編目

    孔径:35.0カク

    ピッチ:75P

    開孔率: 90°%

  • 50.0カク×80P(90°)編目

    孔径:50.0カク

    ピッチ:80P

    開孔率: 90°%

  • 24.0六角×36P(60°)カゴ目

    孔径:24.0六角

    ピッチ:36P

    開孔率: 60°%

  • 40.0Φリング×30P(90°)編目

    孔径:40.0Φリング

    ピッチ:30P

    開孔率: 90°%

  • 19.48正三角形R25付×33.56P(60°)編目

    孔径:19.48正三角形R25付

    ピッチ:33.56P

    開孔率: 60°%

  • 19.48正三角形×33.56P(60°)編目

    孔径:19.48正三角形

    ピッチ:33.56P

    開孔率: 60°%

  • 19.48正三角形コーナーR付×33.56P(60°)編目

    孔径:19.48正三角形コーナーR付

    ピッチ:33.56P

    開孔率: 60°%

一般的な加工限界とウチヌキの加工限界について

パンチングメタルの加工限界は一般的に、板厚≦孔径、板厚≦ホネ(バーとも呼びます。孔と孔の間の距離)となります。
すなわち、板厚より小さい孔径、板厚より細いホネは一般的に加工出来ません。
しかしならが当社は独自の金型技術により板厚より小さい孔、板厚より細いホネでも加工出来る場合があります。

ウチヌキの金型製作

当社はパンチング加工に必要な金型を自社製造しております。
カタログ等にないパンチング仕様も低価格で金型から製作し製品提供出来ます。
カタログ、ホームページに掲載ない=金型から作る=高いと言うイメージが多いようですが低コストでの製作も可能です。
また、ホームページやカタログ上に掲載していないパターンも数多く取りそろえております。

一般的な加工限界以上のご相談や金型制作のご相談は是非、弊社営業部までご相談ください。

ページトップへ